快適な空間を実現する注文住宅|頑丈な家で暮らそう

家作りの予算配分を考える

男女

見積書の内容を把握する

新築で家を建てるには、建築物としての家にかかる費用と同時に快適なインテリアづくりや機能的な設備機器の購入費用もきちんと計算しておきたいものです。大阪で新築の予算を組む時の目安になる坪単価の数字は、建築物本体のみで考える場合と家具や給排水、空調、電気などの設備までを含めて考える場合があり、建築家や大阪の設計事務所によってその方法はまちまちです。門や塀などの外構は別になるものの、これらの工事は通常ひとまとめにして依頼しますので、契約した工事の項目内容をきちんと把握しておきましょう。例えば給水やガスの本管との接続費用はケースバイケースで見積もりに計上しにくいため含まれていない場合もあり、追加工具類、床暖房などは別の専門業者に依頼する場合もあります。ただこうした工事は1つの施工業者に一任した方が連絡や調整もしやすいので、依頼したい大阪の専門業者を本体工事を行う施工業者に指名しておきます。費用は少々割高になりますが、トラブル対策費だと考えてください。総工費に含まれない項目には、設計管理料、地質調査料などがあります。地質調査は調査法によって約10万〜数十万円までと様々ですが、例えば念入りな調査の結果、杭を打たなくて済むと分かれば調査費がかさんでも全体では100万単位の費用が浮きます。また、工事中大阪の仮住まいの家賃、引越しも大きな出費です。カーテンや家具の他、保存登記、表示登記、不動産取得税などもあり、新築を建てること以外にかなりの費用が必要です。意外なところで出費があることを予測して、ゆとりを持って新築の資金計画を立てることが大切です。